肌がカサつく原因と対策

冬になると肌がカサついて肌が荒れる、または季節の変わり目になると乾燥が気になる、という女性は多いものです。

さらに季節に関わりなく年齢を重ねるごとに乾燥が気になってきた、という場合もあります。

乾燥は肌が荒れるだけでなく、シワやくすみなどさまざまな肌トラブルの原因です。たかが“乾燥”と軽く考えず、早いうちに乾燥対策をして肌トラブルにならないように気をつけたいものです。

そこで今回は、乾燥の原因と対策についてまとめました。


肌がカサつく原因

乾燥肌,カサつき,肌荒れ

季節が原因の乾燥

いつもと同じスキンケアをしていても、冬や季節の変わり目になると肌がカサつく場合は、一時的な季節が原因の乾燥だと考えられます。

例えば、冬場は気温が下がることで空気が乾燥し、肌の水分まで奪われて一時的にカサついてしまいます。さらに寒さ対策で暖房器具を使用することでいっそう部屋の中が乾燥し、肌がカサつく原因になるのです。

また、季節の変わり目などに肌がカサつくのは、気温の激しい変化や環境の変化などで肌の「バリア機能」が低下し肌が乾燥することが考えられます。

このように、同じケアをしていても一定の時期になると乾燥するのは季節が原因の乾燥だと考えられます。


慢性的な乾燥

季節が原因の乾燥に対して、季節を問わず一年中乾燥が気になるのは慢性的な乾燥だと考えられます。慢性的な乾燥になる原因にはさまざまな要因が関わっています。

間違ったスキンケア

乾燥肌,カサつき,肌荒れ、洗顔、スキンケア

乾燥が気になる人の中には、自分では良かれと思って行っているスキンケアが間違っているために、自ら乾燥を招いてしまっていることがあるようです。

特に、顔のお手入れは皮膚が薄いために注意が必要です。

例えば、洗浄力が強い洗顔料やボディソープの使用、熱いお湯で入浴することや熱いお湯で顔を洗うこと、カラダや顔をゴシゴシとこすり洗いをする、など必要以上に肌に刺激を与えることによって皮脂を奪い角質層がダメージを受けて、肌が乾燥してしまう可能性があります。


睡眠不足

肌の水分を保つために重要なはたらきをしている、角質層内部にあるセラミドなどの“細胞間脂質”は、肌の細胞分裂の際に作られて角質層をうるおしています。

この細胞分裂は、私たちが夜寝ている間に「成長ホルモン」が分泌されることで促進されるのですが、睡眠が不足すると成長ホルモンが不足することになり、肌の細胞分裂が十分に行われなくなってセラミドなどの保湿成分も減少し肌が乾燥していくのです。


偏った食生活

乾燥肌,カサつき,肌荒れ、食事

いくら肌の上から保湿化粧品を使用しても、カラダに必要な栄養素が不足すると代謝が悪くなって皮脂が少なくなり、肌の乾燥に悩まされることになります。

例えば、「○○抜きダイエット」や「△△だけダイエット」など極端なダイエットによって栄養が偏ったり、ファストフードやインスタント食品を食べ過ぎたりしていると、肌に必要な脂質やタンパク質、ビタミンなどの栄養が不足して乾燥肌や肌荒れの原因になります。

また、喫煙の習慣がある人は代謝が悪くなり、肌が乾燥する原因になります。


ストレス

意外に思われるかもしれませんが、日々のストレスも乾燥の原因になります。

ストレスを感じると肌のうるおいを保つ女性ホルモンが減少して乾燥を招くことになります。さらにストレスによって代謝が悪くなると、肌のターンオーバーが乱れて肌荒れや乾燥が引き起こされます。


肌の乾燥対策

乾燥肌,カサつき,肌荒れ

正しいスキンケア

肌の乾燥を防ぐためには、「季節性乾燥肌」でも「慢性的な乾燥肌」でも、まずはスキンケアを見直すことが大切です。なかでも毎日繰り返す洗顔や保湿方法を正しく行うことで、かなりの場合改善することができます。


正しい洗顔方法

乾燥肌,カサつき,肌荒れ、洗顔方法

デリケートな肌には刺激が大敵です。例えばお湯の温度が高いことや、洗浄力が高すぎる洗顔料など、些細だと思われるようなことで肌は刺激を受けて乾燥してしまいます。

肌に優しい洗顔料を使い、肌に直接刺激を与えないようにしっかりと泡立てて、モコモコの泡で包み込むように洗いましょう。すすぎのお湯も人肌程度のぬるま湯で優しく洗い流し、拭く時もタオルを擦りつけないでそっと押しつけるように拭き取ります。


正しい保湿方法

洗顔した後はなるべく早く保湿ケアをすることが大切です。まず、化粧水で保湿するのですが、パシャパシャと叩きつけるようにつけるのはNG。

まず手のひらにとって少し温めてから顔に馴染ませることによって、刺激を与えずしっかりと肌に浸透させることができます。

コットンを使用する人も多いようですが、乾燥が気になる人の場合には手で直接つけることをおすすめします。仕上げはハンドプレスで顔を覆ってしっかり浸透させましょう。

なかには「乳液やクリームはべたつくから嫌」という人もいますが、それも絶対NGです。化粧水だけでは水分ですから、すぐに乾燥してしまいます。

上から乳液やクリームで蓋をして、せっかく浸透させたうるおいを逃さないように閉じ込めてあげましょう。


質の高い睡眠をとる

乾燥肌,カサつき,肌荒れ、睡眠

睡眠不足と肌の乾燥には深いかかわりがありますから、睡眠時間を確保することは乾燥対策のひとつです。

肌の内部で傷ついた細胞を修復してくれる「成長ホルモン」は、睡眠中に分泌されダメージを受けた肌を回復してくれます。

ただダラダラと長い時間寝ればいいというものでもなく、深い睡眠になる「ノンレム睡眠」を十分に取ることが質の高い睡眠につながります。

寝る直前までスマートフォンやパソコン、ゲームをしていると質の良い睡眠に入る妨げになるので注意しましょう。


栄養バランスの取れた食生活

肌のうるおいやバリア機能を高めるためには毎日の食事からとる栄養が欠かせません。

例えばコラーゲンの原料になったり肌のターンオーバーを正常に機能させたりするたんぱく質や、肌の乾燥を防ぎ丈夫な肌を作るビタミンA、抗酸化作用やバリア機能、血行促進作用など肌にうるおいを与える効果があり積極的に摂ることがおすすめです

。ダイエットをする時でも、これらの栄養素が欠けてしまわないように気をつけ、毎日の食事に野菜類や魚なども積極的に取り入れて栄養バランスが偏らないように心がけましょう。


ストレス対策

ストレスが溜まると自律神経が乱れ、肌のターンオーバーが悪くなり肌が乾燥しやすくなります。

ストレスの原因を取り除くことはできないかもしれませんが、できるだけストレスを溜めないように自分なりに工夫してみましょう。

好みの入浴剤を入れてゆっくりお風呂に入る、気分転換できるような趣味を持つ、アロマを取り入れてリラックスする、軽い運動をする・・・など、忙しくてもストレス解消方法を取り入れましょう。


正しい方法で肌のカサつき、肌荒れを予防しよう

乾燥肌,カサつき,肌荒れ

いかがでしたか? 肌の乾燥の原因は季節的なものだけではなく、日頃の食生活や生活習慣などもかかわっているようです。

つまり、外側からのケアだけでなく食事や睡眠、ストレスなどカラダの内側からケアしていくことが大切です。

少し気長に取り組む必要がありますが、正しいケアをコツコツと続けることによって乾燥知らずの“潤い肌”を手に入れたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする